東京圏生活

生活と仕事に関すること

NHK受信料制度の問題点 - 支払わない人が多いのも仕方ないんじゃない?

先日、NHKの人がピンポンしに来た。

私は、親元を離れてからこれまでテレビを所有したことがない。よって、NHKの人が来ても当たり前だがそのままお引き取り頂くことになる。とは言っても、意味もなく邪険に対応するわけではなくて、インターホン越しに「NHKです。」と言われれば、「ウチにはテレビありません。」と普通に対応して通話終了ボタンを押すだけだ。

ただ、中にはおかしな人がいる。先日の訪問も、ちょっとおかしいんじゃないか、と感じて軽く不愉快になったので、NHKの受信料制度について思うところを書くことにした。

 

なんで最初から名乗らないの?

ピンポンが鳴ったからインターホンに出ると、おじさんが開口一番「公共料金でーす。」と言った。このとき、何の疑いも持たず、電気とか水道の人かな? という推測が頭をよぎる。インフラ関係なら検針とかもあるし、何か用事があってもおかしくないと思うのだ。

ところが玄関扉を開けると、おじさんは首にNHKの社員証みたいなものを下げていた。で、その瞬間に思うのだ。あ、これ玄関まで出てくる必要なかったじゃん、インターホンだけで良かったじゃん、と。

うざい。

騙されたようで、不愉快。公共料金とか言われても、NHK受信料となんか結びつかないし。

そもそもお前、最初にまず名乗れと。何あたりまえのように公共料金とか言って無差別に料金徴収しようとしてんだと。

電気とか水道と違って、テレビなんて生活必需品じゃないし使わない人もいるんだから、まずその事実確認が先だよね。だったら、公共料金とか変な誤認を招く表現を使う前に、まず所属団体を名乗ろうね! あえて名乗らずに歪曲表現を使って人に近づくなんて詐欺の手口だよね!

ちなみに、これまでも何度かNHKの人の訪問があった中で、やっぱりたまに(2分の1くらいの確率で)おかしな人がいる。

ピンポン鳴って、インターホンに出た途端に、いきなり「放送法第○条が〜〜」みたいな念仏を唱え始めたりするとか。これなんかは、別に害はないから「そういうのは結構です。」ってそっと通話終了ボタンを押せばいいだけなんだけど、ちょっとこれは人の家に訪問する行動としては常軌を逸しているよね。

NHKの訪問員の言動が常識に欠けていることがあるので、平穏な生活を乱されて迷惑です。

 

詐欺との見分けはどうやってつけるの?

思ったのは、このNHKの訪問は、詐欺の手口になったときにどうやって見分けをつけるのかということ。

社員証なんて、普段も別にじっくりと見せられたりするわけじゃないだろうから、簡単な偽造カードで騙されてしまうだろうし。

その場で変な約定書面を書かされたり、クレジットカードの番号を取られたりしても本当なのか嘘なのか良く分からないよね。

そういう意味では、詐欺が横行している最近の世の中で、戸別訪問してお金の徴収契約を結ぼうとするスタイル自体が、時代遅れだし危険だなぁと思います。

逆に、こういうのに疑いを持たずにホイホイとサインしちゃうようなリテラシーだと、詐欺にあったときに簡単に騙されちゃうんじゃないの?

 

そもそも受信料契約制度がクソ

テレビと受信料がセットなら、そもそも受信料を払わなければテレビが映らないようにすればいいのに。電気とか水道みたいに。それが普通だよね。

地デジに移行とかなんとか騒いで仕組みを切り替えたくせに、なんでそういうところの技術的な枠組みをちゃんと整えなかったの?

そういう、やるべきことをやらないなら、受信料を支払わない人が出てくるのも当たり前に予想できるよね。

 

テレビはもう老人の娯楽に

ちょっと前に、NHKが局別で視聴率トップになったというような話がありました。

これ、やっぱりみんなNHK見てんじゃん、と思いがちだけど、実態のところは怪しいものです。

なぜなら、最近の若者のテレビ離れによって、民間の局の番組が視聴率を下げている一方で、高齢者の分厚い支持視聴層を抱えるNHKが相対的にあまり落ちなかっただけ、という可能性もあるからです。

もう世の中のコンテンツの比重はインターネットに移行つつあるわけで、つまりはHNKが人気なのではなく、テレビ自体がオワコンなのです。そのなかで、NHKは老人を囲ってしぶとく生き残ってるだけの話なのです。

 

 

というわけで、どうでもいい愚痴を書き散らしてみました。けど、私と同じように「NHKの受信料制度って、どう考えても変だよね。」と考えている人、結構多いのではないでしょうか。