読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京圏生活

生活と仕事に関すること

誰にでもできる超効率的な資産形成の方法

世の中には多種多様な投資商品が存在しており、自分もこれまでに様々なものを試してきました。その中で、一般的な個人の資産形成にあたり最も効率的だと結論付けた方法があります。

王道であり誰もがその重要性を理解しているが故に、面白い方法だとは思えないかもしれません。

その方法とはずばり、貯金です。

本当に大切な貯金のすすめ

お金というものは、この社会で生きるための必要不可欠の基盤であり、その管理については他の何よりも注意を払わなければなりません。

お金の管理と同等に重要と言えるものは、健康管理とタイムマネジメントくらいなものだと思います。

その重要なお金は、使えば減るし、使わなければ貯まります。数字として明確に見ることができる分、大変分かりやすい。その管理は健康管理などよりもだいぶ楽なものです。

使わなければ貯まるならば、使わなければ良いのです。そうすれば、何のリスクも負うことなく資産が形成されていきます。資産運用においては、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンが常識ですが、貯金は一切のリスク無く残高を積み上げてゆくことができます。

まずは貯金をすることです。資本主義社会において、十分な預金残高はそのまま社会における力となるのです。

使う前に、貯める

お金は使う前に、貯めましょう。それが原則です。

十分な貯蓄は心のゆとりを生みます。まずはこれを確保することが肝要です。お金を使うのはそれからでも遅くはありません。

ましてや、自分の資産総額よりも大きな金額の買い物をするなどというのはもってのほかです。クレジットカードも、お金を貯めるより先に使ってしまうような性質のものですから、基本的には使用を控えた方が良いでしょう。

貯蓄の欠乏や借金は、心のゆとりを奪います。そして、それは生活の根幹に関わる差し迫った問題として、頭から離れることはないでしょう。そんな状態では、楽しい日々を過ごすことはできません。

まずは貯金をしましょう。そして、心のゆとりを手に入れましょう。

資産運用と資産形成

資産運用と資産形成とは異なるものです。資産運用は、元手となる資産があってはじめてまともな効果があります。元手が十分に無い場合には、まずは最初に資産を作らなければなりません。それが、資産形成なのです。

そして、資産形成をするための最も効率的な方法が、貯金なのです。

ですから、まずは、貯金をしましょう。株や債券等を買う前に、まずは貯金をしましょう。

預金残高は力なり。

 

年収200万円からの貯金生活宣言

年収200万円からの貯金生活宣言