読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京圏生活

生活と仕事に関すること

NHK受信料制度の問題点 - 支払わない人が多いのも仕方ないんじゃない?

先日、NHKの人がピンポンしに来た。

私は、親元を離れてからこれまでテレビを所有したことがない。よって、NHKの人が来ても当たり前だがそのままお引き取り頂くことになる。とは言っても、意味もなく邪険に対応するわけではなくて、インターホン越しに「NHKです。」と言われれば、「ウチにはテレビありません。」と普通に対応して通話終了ボタンを押すだけだ。

ただ、中にはおかしな人がいる。先日の訪問も、ちょっとおかしいんじゃないか、と感じて軽く不愉快になったので、NHKの受信料制度について思うところを書くことにした。

 

なんで最初から名乗らないの?

ピンポンが鳴ったからインターホンに出ると、おじさんが開口一番「公共料金でーす。」と言った。このとき、何の疑いも持たず、電気とか水道の人かな? という推測が頭をよぎる。インフラ関係なら検針とかもあるし、何か用事があってもおかしくないと思うのだ。

ところが玄関扉を開けると、おじさんは首にNHKの社員証みたいなものを下げていた。で、その瞬間に思うのだ。あ、これ玄関まで出てくる必要なかったじゃん、インターホンだけで良かったじゃん、と。

うざい。

騙されたようで、不愉快。公共料金とか言われても、NHK受信料となんか結びつかないし。

そもそもお前、最初にまず名乗れと。何あたりまえのように公共料金とか言って無差別に料金徴収しようとしてんだと。

電気とか水道と違って、テレビなんて生活必需品じゃないし使わない人もいるんだから、まずその事実確認が先だよね。だったら、公共料金とか変な誤認を招く表現を使う前に、まず所属団体を名乗ろうね! あえて名乗らずに歪曲表現を使って人に近づくなんて詐欺の手口だよね!

ちなみに、これまでも何度かNHKの人の訪問があった中で、やっぱりたまに(2分の1くらいの確率で)おかしな人がいる。

ピンポン鳴って、インターホンに出た途端に、いきなり「放送法第○条が〜〜」みたいな念仏を唱え始めたりするとか。これなんかは、別に害はないから「そういうのは結構です。」ってそっと通話終了ボタンを押せばいいだけなんだけど、ちょっとこれは人の家に訪問する行動としては常軌を逸しているよね。

NHKの訪問員の言動が常識に欠けていることがあるので、平穏な生活を乱されて迷惑です。

 

詐欺との見分けはどうやってつけるの?

思ったのは、このNHKの訪問は、詐欺の手口になったときにどうやって見分けをつけるのかということ。

社員証なんて、普段も別にじっくりと見せられたりするわけじゃないだろうから、簡単な偽造カードで騙されてしまうだろうし。

その場で変な約定書面を書かされたり、クレジットカードの番号を取られたりしても本当なのか嘘なのか良く分からないよね。

そういう意味では、詐欺が横行している最近の世の中で、戸別訪問してお金の徴収契約を結ぼうとするスタイル自体が、時代遅れだし危険だなぁと思います。

逆に、こういうのに疑いを持たずにホイホイとサインしちゃうようなリテラシーだと、詐欺にあったときに簡単に騙されちゃうんじゃないの?

 

そもそも受信料契約制度がクソ

テレビと受信料がセットなら、そもそも受信料を払わなければテレビが映らないようにすればいいのに。電気とか水道みたいに。それが普通だよね。

地デジに移行とかなんとか騒いで仕組みを切り替えたくせに、なんでそういうところの技術的な枠組みをちゃんと整えなかったの?

そういう、やるべきことをやらないなら、受信料を支払わない人が出てくるのも当たり前に予想できるよね。

 

テレビはもう老人の娯楽に

ちょっと前に、NHKが局別で視聴率トップになったというような話がありました。

これ、やっぱりみんなNHK見てんじゃん、と思いがちだけど、実態のところは怪しいものです。

なぜなら、最近の若者のテレビ離れによって、民間の局の番組が視聴率を下げている一方で、高齢者の分厚い支持視聴層を抱えるNHKが相対的にあまり落ちなかっただけ、という可能性もあるからです。

もう世の中のコンテンツの比重はインターネットに移行つつあるわけで、つまりはHNKが人気なのではなく、テレビ自体がオワコンなのです。そのなかで、NHKは老人を囲ってしぶとく生き残ってるだけの話なのです。

 

 

というわけで、どうでもいい愚痴を書き散らしてみました。けど、私と同じように「NHKの受信料制度って、どう考えても変だよね。」と考えている人、結構多いのではないでしょうか。

 

誰にでもできる超効率的な資産形成の方法

世の中には多種多様な投資商品が存在しており、自分もこれまでに様々なものを試してきました。その中で、一般的な個人の資産形成にあたり最も効率的だと結論付けた方法があります。

王道であり誰もがその重要性を理解しているが故に、面白い方法だとは思えないかもしれません。

その方法とはずばり、貯金です。

本当に大切な貯金のすすめ

お金というものは、この社会で生きるための必要不可欠の基盤であり、その管理については他の何よりも注意を払わなければなりません。

お金の管理と同等に重要と言えるものは、健康管理とタイムマネジメントくらいなものだと思います。

その重要なお金は、使えば減るし、使わなければ貯まります。数字として明確に見ることができる分、大変分かりやすい。その管理は健康管理などよりもだいぶ楽なものです。

使わなければ貯まるならば、使わなければ良いのです。そうすれば、何のリスクも負うことなく資産が形成されていきます。資産運用においては、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンが常識ですが、貯金は一切のリスク無く残高を積み上げてゆくことができます。

まずは貯金をすることです。資本主義社会において、十分な預金残高はそのまま社会における力となるのです。

使う前に、貯める

お金は使う前に、貯めましょう。それが原則です。

十分な貯蓄は心のゆとりを生みます。まずはこれを確保することが肝要です。お金を使うのはそれからでも遅くはありません。

ましてや、自分の資産総額よりも大きな金額の買い物をするなどというのはもってのほかです。クレジットカードも、お金を貯めるより先に使ってしまうような性質のものですから、基本的には使用を控えた方が良いでしょう。

貯蓄の欠乏や借金は、心のゆとりを奪います。そして、それは生活の根幹に関わる差し迫った問題として、頭から離れることはないでしょう。そんな状態では、楽しい日々を過ごすことはできません。

まずは貯金をしましょう。そして、心のゆとりを手に入れましょう。

資産運用と資産形成

資産運用と資産形成とは異なるものです。資産運用は、元手となる資産があってはじめてまともな効果があります。元手が十分に無い場合には、まずは最初に資産を作らなければなりません。それが、資産形成なのです。

そして、資産形成をするための最も効率的な方法が、貯金なのです。

ですから、まずは、貯金をしましょう。株や債券等を買う前に、まずは貯金をしましょう。

預金残高は力なり。

 

年収200万円からの貯金生活宣言

年収200万円からの貯金生活宣言

 

 

LINEの有料通話が凄いという話

知らなかったんですが、LINEって普通の固定電話や携帯電話に宛てて、めちゃめちゃ安い料金で電話をかけられるんですね。

LINE Out というサービスです。

電話の受信は出来ないのですが、発信だけなら格安で通話をすることができます。

  • LINE Out 固定電話宛 3円/1分
  • LINE Out 携帯電話宛 14円/1分

3大キャリアの通常の携帯料金が 40円/1分 (20分/30秒)ですから、固定電話にかける場合は実に10分の1以下の料金になるわけです。

さらに、基本使用料もありませんので、手軽に電話をかけることができます。

050番号のIP電話も通話料は安いですが、こちらは別途で月額基本料金がかかったり、別アプリをインストールする必要があったりと、ちょっと手軽さに欠ける部分があると思います。

その点、LINE Out は、いまや誰もがすでにインストールしているであろうLINEアプリ単体で、追加のインストール等をすることなく利用することが出来ます。

通話料がこんなに安いと知ったからには、これからは電話の発信には積極的に LINE Out を活用しようと思っています。

 

相手の心をしっかりつかむ プロフェッショナル電話力 話し方 聞き方 講座

相手の心をしっかりつかむ プロフェッショナル電話力 話し方 聞き方 講座

 

 

南国の楽園で、莫大な財産に囲まれながらたった一人で暮らすことを想像してみる

それは幸せでしょうか。
あまり幸せではなさそうです。

とはいえ、退屈すぎて死ぬかというと、すぐにはそうならないかもしれません。
ひたすら映画を見るとか。
ひたすら小説を読むとか。
あるいは小説を書いてみるとか。
空想のお伽話にふけってみるとか。

まぁ、一応は愉しめそうですが、しかし間違いなく飽きそうです。
それも、さほど長続きしないうちに。

であれば、家族や友人と過ごした方が断然楽しそうです。
南国でなくても。
財産がなくても。

それが社会性を持つ動物たる人間の性であり、人生のコツなのかもしれません。

 

幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて (ソフトバンク新書)
 

 

DTIのネットつかい放題SIMを約1ヶ月間使ってみた感想

スマホの月額料金、節約したいですよね?

でも、安かろう悪かろうのサービスは嫌ですよね?

最近話題の格安SIMは、スマホの月額料金をぐっと抑えることができ、各社多彩なプランを打ち出していることもあって、とても魅力的です。でも、やっぱりみんな不安があると思うんですよ。

大手と比べて本当に得なの?

通信速度が遅いんじゃないの?

そんなわけで今回は、自分が数ある格安SIMの中から選んだDTIの「ネットつかい放題」について、そろそろ使い始めて1ヶ月位経つので、素直な感想を述べてみたいと思います。

家計の通信費を大幅に軽減する

奥さんがauを使っていたので、auのデータ通信プランとDTIの通信プランを単純比較してみます。

 

f:id:takayama_jp:20161102153105j:image

だいたい月額3,500円の差になりますね。

これは年間で42,000円の差になります。しかも、この差額は長期に渡って継続します。2年縛りというだけでも84,000円ですが、累積では果たしてどれだけの金額になるでしょうか。高い料金を払って大手キャリアと契約することの価値ってなんだろう、と改めて考えさせられます。

通信品質はギリギリ許容範囲

料金が安いのはいいですが、問題は品質ですよね。実際に通信速度はどれくらい出るのでしょうか。

率直な感想を以下に挙げていきましょう。やはり格安SIMであり、しかも容量無制限を打ち出していることもあって、多少の難はあります。

  • 基本的に、Web閲覧に関してはそれほどストレスを感じません。但し、電車に乗っているときだけは、結構ストレスを感じるレベルで繋がりづらいです。
  • ダウンロードは全体的に遅め。平均で300kbpsくらいのイメージでしょうか。スマホアプリの更新にも割と時間がかかります。但し、使い物にならないほどではないです。
  • アップロードはだいぶ早いです。3Mbpsくらい出ているのではないでしょうか。Google ドライブへの保存などもすぐに完了します。ダウンロードでもこのくらいの速度が出ればいいのに。
  • Youtubeなどの動画は、最初の読み込みに時間がかかるものの、再生が始まれば基本的に途切れたりはせず、最後までスムーズに視聴できます。
  • LINE同士の無料通話は全く違和感なくできました。

一応、レビューとしてはそんな感じです。

世の中の評判は分かりませんが、自分としては、全体的に、料金との見合いではそれほど悪くないと思っています。少なくとも、最低限の用途には十分に耐えうる品質ですね。

快適性は多少犠牲にしても、通信料金を抑えたいという節約志向の方にはおすすめです。

あとは、ダウンロード速度にもう少し改善がみられれば良いのですが。今後の回線増強に期待したいところです。

 

格安スマホの仕掛け人たち

格安スマホの仕掛け人たち

 

 

世の中に本当に必要な仕事の給料は安い

世の中に必要な仕事というのは、本当はシンプルなはずです。そして、そういうシンプルで必要な仕事に就く人達の給料は、世の中一般的にみて低いです。育児とか介護とかそうですね。

一方で、世の中は無駄に複雑化しています。そして、その複雑で無駄な仕事をする人達の給料は高いのです。うーんたとえば、金融とか金融とか。

意味がわかりませんね。

彼らは、無駄な仕事にあたかも価値があるように喧伝して、資本主義社会の中でお金を獲得しているのです。

ところが、ここにきて転機が訪れました。人工知能技術の急激な進歩です。

人工知能が私達の仕事を奪うということが、ある種の畏怖を伴って喧伝されています。

でも、世の中に本当に必要なシンプルな仕事は、人工知能が現れてもあまり取って代わられることはないのではでしょうか。

私達の生活に密接に関わる土着の仕事は、機械に置き換えることは難しいですし、置き換えるにしてもそのコストは過大になります。

逆に、人工知能に奪われるのは複雑で無駄な仕事です。人工知能は知的で複雑なタスクを解決するのは得意なので、人間を遥かに凌駕するスピードであっという間にタスクを処理してしまいます。

人工知能が、元々無駄であった仕事の無駄さを暴いて、全て片付けてしまうのです。

東京都心の本社で働いているようなホワイトカラーの事務職は、ほとんど全員いらなくなるんじゃないでしょうか。

そして、最後に残るのは、自分自身の手でモノやサービスを生み出している人達なのです。

 

そう考えると、自分の仕事も将来無くなってしまうので、困るのですが。

 

 

満員電車での領土争いは不毛どころか逆効果なのでやめた方がいい

社畜であることの何が嫌って、朝の満員電車での通勤ですよね。これは、都心に務めるサラリーマンであれば、公務員だろうがホワイト企業勤務だろうが関係なく降りかかってくる共通の問題だと思います。

だから、オフィスなんてもう無くして在宅勤務にすればいいじゃんとか、せめてフレックスタイム制にして通勤時間をずらすべきだとか思うわけですが、これはまぁ個人の力ではどうにもならない話。

ですので、今回はそんな朝の満員電車を少しでも気楽に過ごすための工夫です。

スペース確保にこだわらない

まずはこれです。というかこれがほぼ全てです。

電車に乗るときは、場合によっては強引に中に入ることも必要かもしれませんが(そもそもそれ自体が異常なのですが)、一旦電車の中に入ったら、その後はなるべく体に力を入れないようにします。

狭いからって、スペースを確保するために隣の人を押してはいけません。

そんなことをすると、仁義なき戦いが始まります。

朝の通勤電車はよほど非人間的な過酷な環境なのでしょう、本当に仁義の無い戦いになります。人の心の醜悪さを見たければ満員電車に乗ると良いでしょう。

隣の人を押すと、押し返されます。でも、力を抜いて自然体でいると、意外なことに周囲からの圧力が和らぐんです。

その場の空気感と言いましょうか、無理にスペース確保しようとする自分勝手な人は敵視されますが、自然体でいると「こいつ、分かってんな」というような安心感を共有できるのでしょう、押し合いがぱたりと止みます。譲り合いの気持ちすら感じられるようになります。

相手がこちらのスペースを侵略してくるという疑心暗鬼を乗り越えて、ある種の信頼を築くことができれば、満員電車は今よりも少し楽になります。

 

狭さというものは争いを生みます。でも、元来狭い国土に生きる我々日本人は、歴史的にそうした環境に適応する術を知っているはずなんですね。

和を以て貴しと成す。なにかと批判されがちな日本人的協調精神ですが、劣悪な環境下での生き残り戦略としては馬鹿にしてはいけないのです。

 

満員電車がなくなる日―鉄道イノベーションが日本を救う (角川SSC新書)